内定辞退相談

【怒られたくない人必見】内定辞退は怖い?怒られないための予防策

内定辞退って悪いことじゃないってわかっていても怖いんですよね〜

「怒られるかも!」って不安もあるし...

伊藤ちゃん
相談室長

この記事で紹介するポイントを押さえれば怖くないから安心して!

結論:内定辞退で怖い思いをせず、怒られないで済むためには以下のポイントを抑える!

まず、絶対に怖い思いもせず、人事の方から怒られないようにしたいなら以下の4つのポイント確実に抑えておきましょう。

  • 内定承諾書を出す前に辞退する
  • 辞退は必ず電話でする
  • 誠実さを持ち感謝・理由・謝罪を伝える
  • 辞退理由はポジティブなものを用意する

この条件を揃えてもなお怒ってくるようであれば、相手はブラック企業の可能性が非常に高いので「むしろ辞退の判断ができてラッキー」と開き直ってOKです。

※具体的な辞退方法については記事の後半で解説します。

相談室長

内定辞退は就活の中で自然に行われること。

一般的な企業であれば怖い思いをさせてくることはないから安心してね。

あなただけじゃない!内定辞退はみんなも怖いと思っている

内定辞退に不安を抱えているのはあなただけではありません。

就職・転職活動をしている人であれば何歳になっても何度目でも慣れることは難しいのです。

内定辞退をしたことがある人100人を対象に以下のようなアンケートをとったところ76人もの人が内定辞退に不安を抱えたことがあると回答しました。

76%の人が内定辞退を怖いと思ったことがあると回答

「怖い」と回答した人の意見

引き止められた場合、キッパリ「NO」と答えられるか不安だった

説明会でも世話になり期待されていた分断りづらかった

よくある建前ではあるが「第一志望です」と言った手前怒られると思った

「怖くない」と回答した人の意見

就活なら内定辞退はあたり前だし理由も正当なものなので堂々とした

事前に受け答えなど準備をしっかりしていたので怖くなかった

アンケートに協力してくれた方の年齢や性別、職業はバラバラですが、みなさん同じように内定辞退をして怒られないか不安に思っている人がいることがわかります。

なぜ内定辞退をすることを怖い・怒られると思うのか?

結局のところ「内定辞退をすることができるのはわかっているけど怖いと感じる」という方が多く、先ほどのアンケートのコメントからもわかる通り、怖い・怒られると思っている人のほとんどが「後ろめたさ」を感じています。

後ろめたさを感じるケースとして以下のようなものがあります。

後ろめたさを感じるケース

  • 面接では第一志望と答えていた
  • 担当者と親密になり情が湧いてしまった
  • 内定承諾書にサインしてしまった
  • 入社前の研修をすでに受けている

たしかに!私が怖いと思う理由もこれに当てはまってる。

伊藤ちゃん

もし、あなたが内定辞退をすることで「怒られるかも...」と思っている理由が上記の「1」か「2」であれば何も気にすることはありません。

就活では内定を勝ち取るためにすべての企業へ一所懸命に対応しますが、結果が出ればいずれにせよ断る必要が出てしまいます。「結果的に嘘になってしまった」のは不可抗力ですので、企業側も理解してくれるでしょう。

こんな場合は注意

しかし、内定辞退をすることを怖いと思う理由が「3」や「4」である場合や、このあと紹介するケースに該当する場合は怒られることも覚悟する必要があります。

【要注意3つ】内定辞退で怒られる・怖い思いをするケース

もちろん内定辞退をした際に怒られるケースも存在します。

相談室長

この場合、内定辞退すること自体に問題があるのではなく、あなたの取った行動に問題があることが多いんだ。

1.内定承諾後での辞退

一般的には内定通知書が届き、

入社をする場合➡︎内定承諾書にサイン

入社をしない場合➡︎内定辞退の連絡

という流れとなりますが、本命が他にある場合はキープしておきたいというのが本音ですよね。

しかし、実際に本命の企業から内定を受け、キープしていた企業を辞退するとなると、大きなトラブルにはならずとも怒られる可能性はあります。

内定承諾後内定時代できる?
参考【これで安心】内定承諾後での辞退が可能な3つの根拠とトラブル0で切り抜ける方法

続きを見る

2.入社日ギリギリでの辞退

内定承諾書は内定者の囲い込みの側面もあり、かなり早い段階でサインをするように求められるため、企業もある程度は辞退されることを覚悟しています。

しかし、入社日ギリギリやましては当日となると企業側も人材の募集を締め切り社員育成の準備を進めてしまっているため、かなりの迷惑を被ることとなります。

相談室長

入社日ギリギリでの辞退を検討している方は以下をチェックしてください。

3.内定辞退をメールで簡単に済ます

電話をするのは確かに気まずいし怒られたら逃げられないという不安もあります。

だからと言ってメールで簡単に済まそうと考えるのは危険です。

こんな理由で結局電話が来る

  • 辞退の意思が固いかどうかの確認
  • 本当の理由は何かの確認
  • 納得できない

メールのみでは上記のような理由で結局電話がかかってきてしまい、準備をしていない状況で出ると曖昧な回答となり返ってトラブルの種になりかねません。

相談室長

内定辞退も電話するのがマナーですね

もしすでに上記に該当して怒られる不安がある場合は、自身で辞退の連絡をせず第三者に介入してもらいトラブルを回避するため「内定辞退代行サービス」を検討してみてもいいでしょう。

内定辞退の怖さを克服!穏便に済ませるためのポイント

先ほど説明したケースを除けば怒られることはまずありません。

ですが、「わかっていても不安になる」というものが人間の心理です。

そうそう。わかっているんだけど怖いんですよね〜

伊藤ちゃん

ぜひ、この記事で内定辞退をする怖さを払拭するための方法を抑えてくださいね。

怖さを克服するための3ケ条

  1. 辞退の理由をしっかりと考えておく
  2. 「辞退は仕方のないこと」と言い聞かせる
  3. 電話での受け答えのイメトレをする

それぞれ解説していきます。

1.辞退の理由をしっかりと考えておく

辞退の際に「一身上の都合で...」という理由で辞退を完了できる場合もありますが、企業側は今後の採用活動に活かそうと理由を尋ねてくるかもしれません。

その際に曖昧な理由だと引き止めに合う可能性があるので意思が固いと思わせる理由を用意しておきましょう。

この度、並行して面接を受けていた企業からもご縁があり内定を頂きました。自分のキャリアや適性について検討した結果、そちらの企業に入社する決意をいたしました。

また、理由を考えるときのポイントとして相手の企業にとってネガティブな情報は入れないようにしましょう。例えば「別の企業の方がオフィスが綺麗だったから」や「御社よりも仕事にやりがいを感じた」などは口が裂けても言ってはいけません。

2.「辞退は仕方のないこと」と言い聞かせる

精神論ですが、これも大切です。後ろめたさから変に罪悪感を膨らませることで辞退する意思が弱くなり、質問攻めされたり、引き止めにあった際に困ってしまいます。

どのみち辞退するなら中途半端な気持ちはNGね。

伊藤ちゃん

3.電話での受け答えのイメトレをする

一発本番勝負での試合と、トレーニングを積んでからの試合どちらが緊張しますか?

誰だとしても一発本番勝負は緊張してイメージ通りにことを運べませんよね。

電話をする時も同じように受け答えのイメトレをしておくことで自信を持って辞退する意思を伝えることができます。

以下に会話の一例を用意したので参考にしてください。


お世話になっております。○○大学○○学部の○○と申します。人事部の○○様をお願いします。

伊藤ちゃん
相談室長

お電話代わりました。○○です。今回はどういったご用件でしたか?

○○大学○○学部の○○と申します。先日は内定をいただきありがとうございました。お忙しいところ恐縮ではありますが、この度は内定の辞退をさせていただきたくご連絡致しました。

貴重なお時間を割いていただいたのにも関わらず申し訳ありません

伊藤ちゃん
相談室長

それは残念です。ちなみに理由を伺ってもよろしいでしょうか?

はい。実は他に内定をいただいた企業がありまして、検討した結果、自身の今後のキャリアや適正を考慮しそちらの企業へ入社することを決意いたしました。

伊藤ちゃん
相談室長

わかりました。非常に残念ではありますが、これからの伊藤さんのご活躍祈っています。

このような結果にも関わらず、お忙しい中ご丁寧なご対応いただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

伊藤ちゃん

これらはあくまで例文なのでそのまま使用しても問題ありませんが、とにかく

「❶結論(辞退の意思)」→「❷謝罪」→「❸内定辞退の理由」→「❹感謝」という4部構成を守れば大丈夫です。

また、電話で辞退を了承してもらえたら、後のトラブルを防ぐため改めてメールや書面を送り、記録に残しておくことが重要です。

内定辞退は電話+メールor書面で記録を残すのが無難
相談室長

ここまでやれば完璧!怖い思いも怒られることもありませんよ!

もし怒られるようなことになってしまったら...

前述したように怒られるケースにすでに該当してしまっている場合は覚悟を決めて辞退の連絡をする必要があります。

損害賠償を仄めかされることはあっても実際に訴訟を起こされる確率は低いですが、ある程度の嫌味や暴言を吐かれることはあるかもしれません。

承諾後の辞退や入社ギリギリの辞退などあなたに非がある場合は耐えるしかありませんが、誠意を持って内定辞退したにも関わらず怖い目にあるような場合は、私たちが行っている内定辞退代行を検討してみてもいいかもしれません。

相談室長

以下のような悩みを持った内定者の方との間に入り完全代行することでトラブルを回避することができます。

こんな相談が多いです

  • 「お世話になった担当者に言いづらいまま入社日が近づいてきてしまった」
  • 「雇用契約を結んだ後に辞退を申し出たら損害賠償を請求すると言われてしまった」
  • 「転職エージェントが辞退は認めないの一点張りで話が進まない」

弁護士監修のもと、代行サービスを行い、ご依頼後の成功率は100%・訴訟トラブルは0件をキープしています。

ストレス"0"で内定辞退を完全代行|リクセル

全国対応しており、LINEで無料相談後、ご依頼となった場合即日辞退することも可能です。

内定辞退にお困りの方はぜひ一度LINEでの無料相談をお試しください。

-内定辞退相談

© 2022 内定辞退相談室